老技術者による日々の感想
by takajikurita
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
理科系随筆
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
2014年版:実力派若手..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2013. 法治国家の明るさ 
at 2016-12-04 04:09
2012. ジャレッド・ ダ..
at 2016-12-03 18:44
2011. 蹄鉄屋 (その日..
at 2016-12-02 18:09
2009. 日曜日の外出 〈..
at 2016-11-27 13:35
2008.  日本晴れ (そ..
at 2016-11-26 10:36
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2013. 法治国家の明るさ 

2013.   法治国家の明るさ   2016-12-4. Ta. 
    中国は基本的に中国共産党の独裁政権下にあり、法治国家ではなく、人治国家である。これが中国特有の暗さというか、不透明感を生み出している。
アメリカもいろいろ問題の多い国だが、その明るさは、自分たちの作った法律に従うという、誰にもわかる透明感にあるように思われる。
   日本も明治から昭和、戦後の70年を経て、法治国家になってきたと思う。人為的に人を支配することはできなくなっている。
[PR]
# by takajikurita | 2016-12-04 04:09

2012. ジャレッド・ ダイアモンド 

2012.   ジャレッド・ ダイアモンド   2016-12-3. Ta. 
    ジャレッド・ダイアモンドの著作、翻訳本はたいてい読んでいる。現代を代表する知性という気がする。私より5歳若い1937年生まれだが、文章は非常に読みやすく親しみがある。現代のダーウィンと呼ぶ人もいるが、そんな堅苦しさは微塵もない。非常に文章は優しく、いつの間にか引きこまれてしまう。
   本人の経歴を見ても、ニューギニア高地人の研究者で、原始的生活の人たちを見下すような態度は微塵もなく、あくまで人類平等の理念が骨の髄から込められている。
   彼の著作の翻訳「昨日までの世界=日経新聞社」p493に1943年11月20日、赤道直下の環礁で起こった日本の守備隊とアメリカの陸海共同の上陸作戦に参加した米軍兵士の話が載っている。私は、これを涙なしに読むことはできなかった。
   わずか三日のうちに1115人のアメリカ兵士が戦死し、4601人の日本軍のうちの19人を除く全員が殺されてしまったのである。彼は息子のジョシュアには、絶対にこのような体験はさせたくないと語っている。多分、もう起きないだろうが。
  当時の日本の新聞には一面の左側に「タラワ島玉砕」と出ていただけで、詳細の記事はなかった。報告できる人はもういなかったのだ。
   私は、戦争の世紀は1950年6月25に起きた朝鮮戦争を最後に終わったと考える。
  その後は「お金の戦い=資本主義時代」となる。
[PR]
# by takajikurita | 2016-12-03 18:44

2011. 蹄鉄屋 (その日その日)

2011.  蹄鉄屋   2016-12-2. Ta. 
    子供の頃、私の家の隣の隣が同級生の信良の家で、馬に靴を履かせる蹄鉄屋だった。彼の父が蹄鉄をしていると思っていたが、実際は歳の離れた彼の兄がやっていた。私は邪魔にならないところにしゃがんで、蹄鉄の作業を好奇心満々で観察するのが常だった。
   長さ20cmくらい?の帯状鉄をコークス炉に入れ、フイゴで風を送りながら、真っ赤に焼き上げる。これを鉄の鋏で取り出して、金床とハンマーで蹄鉄の形にする。
熱いままの状態で馬のひずめに軽く当てて、サイズの見当をつける。何回か繰り返して、これで良しとなると、余分を切り落とし、釘を通す穴を開け、熱い蹄鉄をじゅっと煙を出しながら馬のひずめに装着、独特の形の釘で止めるのである。馬は痛くないのだろうか? (蹄鉄装着前に、伸びすぎたひずめをナイフでカットして形を整えておく)
   昭和十年代は馬が輸送の重要手段だったが、戦後は車時代となり、蹄鉄の需要は減った。
信良は手品など上手で、頭の良い子だったが、何故か学校の勉強ができなかった。性に合わなかったのだ。
  中学卒業後、東京でコックになった。同級会に来たことはない。忙しいときに当たるのかも知れない。彼はきっといいコックになったと思う。
[PR]
# by takajikurita | 2016-12-02 18:09

2009. 日曜日の外出 〈その日その日)

2009.  日曜日の外出   2016-10-27. Ta. 
    日曜日には、中津の隠居所に行くことにしていたので、今朝も、恒例通りのつもりだったが、数日前から食欲落ちて、急に体力も落ちたことを感じて以来、何事も億劫になる。外出準備に時間かかり、駅まで歩くと息が切れてしまう。
   食事量が減って力も出ないと感じる。一番電車に乗って、
6時過ぎ、暗いうちに中津に到着、隣のローソンから仕入れて朝食とした。コンビニコーヒーにチーズケチャップドリア少々。
    今日は珍しく雨は本降りが続く。
[PR]
# by takajikurita | 2016-11-27 13:35

2008.  日本晴れ (その日その日)

2008.  日本晴れ  2016-11-26, Ta.     
   いつも通り、五時半ころ目が覚める。今朝は、朝のうちに、飲んだらしばらく横になれない、ややこしい薬、アレンドロン酸が予定に入っている。
   布団を右に寄せて、畳んだことにして、ベッドを降りて立つと、やや目眩がしてふらつく。なんとか家具にぶつからないよう注意して、寝室を出て恒例の体重測定、最近、減っているが、五月ごろの体重と同じで、まあまあというべきか。
   窓を開ければ、素晴らしい日本晴れ、一点の雲も見えない。我が飼い猫、ムッチーは綺麗な景色を見ることもなく、いつもの自分の気持ちいい寝所で寝惚―けている。
   朝の食事は紅茶に牛乳を少し入れて飲んでみた。なかなかカップ一杯全部は飲めない。それに、ポテトチップ少し、ケーキの角を削って少し食べられた程度で、食欲が出ない。
    終日、横になっていて運動ができず、エネルギー消費が少ないせいだろう。
[PR]
# by takajikurita | 2016-11-26 10:36